外壁塗装の塗料は安さだけで選ばない!

電卓

外壁塗装の塗料は、安くて良いものを選びたいと考える方もいますが、塗料を安さだけで選んでしまうと後悔してしまうこともあります。

外壁塗料にはそれぞれの特徴がある

外壁塗装には、塗料以外に費用がかかってしまう部分が多く、費用も多くかかってしまいます。
少しでも費用を抑えるために、安い塗料を選ぶという方もいるでしょう。
ですが、安い塗料にはそれなりの理由があることをご存じですか?
それは塗料のグレードになります。塗料のグレードとは何かご紹介します。

塗料のグレードとは?

外壁塗装の塗料には、「顔料」「添加剤」「合成樹脂」の3つの種類が混ざっており、顔料は色や艶やかさを出してくれて、添加物は塗膜に機能性を持たせる効果があり、合成樹脂は耐久性を上げてくれる効果を持っています。
この中の合成樹脂のグレードによって、塗料の耐久性が決まってくるので、グレードが上がれば当然値段も上がってきます。

それだけでなく、グレードが上がることで耐久性も3倍以上に長持ちするので、こまめに外壁塗装を塗り直す手間もかかりません。
手間が減れば費用も減るだけでなく、外壁を長持ちさせることができ、外壁が長持ちすれば住宅を紫外線や雨などから守ることもできるのです。

安さに目がいってしまいがちですが、本当に重要なのは安さではなく、どれだけ外壁塗装によって住宅を守れるかどうかです。

ピックアップコンテンツ

建物診断

建物診断で信用できる業者かチェック!

住宅の建物診断に訪問してくる業者などもいますが、このような建物診断で訪れた業者に対して信用できる業者は、どのような部分で信頼できるかを判断するべきなのでしょうか?…

詳細はコチラ